可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

アストロブーメラン

アストロガンガーでもアストロ球団でもなくアストロブーメラン
と言うことで(どう言うことだ?笑)、アストロブーメランをメインマシンとして使っていく事に決定しましたー

とりあえずVSシャーシを組み上げて、ボディをそちらに換装したしましたー
DSC06996のコピー
VSシャーシはアストロブーメランの元キットをリスペクトして、クリア成型のギア&モーターカバー仕様です
け、決してLMブレイカーを沢山買ったせいで余っていたからとかじゃないんだからね!(笑

現在の装備パーツは丸穴ボールベアリングとゴールドターミナル
モーターはアトミックを乗せようと思っているのですが、手持ちに無かったのでとりあえずノーマル

開封直後のボルテージを使用して、スピードチェッカーで計ってみたところ
最高26km、巡航25kmと言う感じなので、これを基準に出力系はいぢって行きたいと思います
アトミックを搭載して、ローラーを付けたらJCJCのローリングラップと組み合わせてトルク抜け等もチェックせんとなぁ…
  1. 2009/02/27(金) 23:32:57|
  2.  ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レースマシンを考える

この間大会に出てからと言うもの、ちゃんとレース用に改造していくマシンが欲しいと言う気持ちが蘇ってきた(笑)ので、レース用に使用するボディを作ろうかなと思っています
もちろん今まで通り手を抜かないで作るつもりなんですが、最初から走らせる覚悟があるか、それが無いかでボディが傷ついた時の心の凹み具合が違うので、走らせることを覚悟して作ろうと言う事です(笑
そこで今回は、ボディの候補を選定するべく考えをまとめるためのメモ代わりっちゅーことで

私は第二次ブーム直撃世代なので、フルカウル、スーパー、エアロをちょっとぐらいのマシンに思い入れがあるので、そこら辺りのマシンで行こうと思っています

候補1:ビクトリーマグナム
マグナム、ソニック系では一番好きなマシン
フロントにFRPプレートも問題無く装着できそう
ウイングが折れないかが少し心配

候補2:シャイニングスコーピオン
ゲームで主役を張っていたこのマシンもまた思い入れが深い
フロントカウルさせ接着すれば、コースアウトしても破損の危険は少なそう

候補3:ビークスパイダー
全体的にシャープなのはもちろん、フロントカウルのサイドガードがカッコいい
だけどそのサイドガードのせいでFRPプレートの装着に工夫が必要か(サイドガードは絶対外さない)

候補4:プロトセイバーEVO
このマシンも流れるようなボディラインが美しく非常に気にってます
クリア成型なのも面白そう
ディスプレイ改造用に一台は確保してあるのですが、走行用に作るならもう一台確保しないとなぁ…

候補5:アストロブーメラン
10年以上前のマシンにも関わらず、未だにデザインの美しさ、格好良さはミニ四駆シリーズの中でもトップクラスだと思います
ホイールもカッコいい!
ただ肉抜きできるスペースが少ないのが個人的にはネックではある(笑

候補6:ブーメラン10
アストロブーメランを見た後だともっさりして見えるが、思い入れはアストロ以上
ただ手に入りにくいorz

うーんこんなものかな?
手に入れにくいブーメラン10を抜けば実質、5候補ですか
エアロからは一台も入らなかったなぁ…いや、好きなんだけどね、フルカウルの方がもっと好きなんだろう(笑

この中から数日間悩んで決めたいと思います
あ、キメラボディって手も…む、むぅ…
  1. 2009/02/27(金) 00:33:28|
  2.  ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニ四駆大会に出てまいりました

昨日は近所の模型屋でミニ四駆大会があったので参加してまいりましたー

しかもただ単純にレース参加するのでは無く、友人内で二人一組でマシンを組んで勝負と言うルールを課して、3チーム計六人での参加のつもりだったのですが、1チームが寝坊で不参加だったので、結局2チームでの勝負になりました(ぇ

しかし、私のチームはレース前日まで予定が合わず、前日にパーツ調達から始まり徹夜でボディ塗装のハードスケジュールでした…
マシンはVSに換装したベルクカイザーを使用

私は一睡もしていなかったので、走行は友人に任せて私はピット作業に専念したのですが…
久々の大会どころか、久々の走行だったので結果は、やはりコースアウトばっかりで一回も完走できず(涙
ピニオンギアが三回ぐらい粉砕したなー(笑
以前苦しんだTTは初搭載のマスダンパーで攻略できたのですが、ループ後の壁が一段低くなっているコーナーで飛んでしまいそれが解決できずに終了

もう1チームもなかなか完走できずに苦しんでいましたが、モーターをダッシュ系からトルクに変えてなんとか1回完走したチームが、友人内での勝利を勝ち取りました

パーツはそれぞれ分担して買ったために、大会終了後にバラしてしまったので、現在はノーマル状態ですが、ボディはこんな感じ↓
DSC06992のコピー
うーん、時間ギリギリまでやっても、デカールを貼り切れず中途半端に…
じっくり考える時間がなかったので、色々と心残りがあるのですが、左右非対称のマスキングは焦りながらも楽しかったです(笑
このままだとアレなので、もう少し手直ししてあげたいと思います

久々の走行だったのですが、やっぱり走らせるのは楽しいですね
ボディばかり作ってないで、レースにも参加していこうと思うのでありました(笑
  1. 2009/02/23(月) 23:27:56|
  2.  ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャイニングスコーピオン塗装完成

うへーい、シャイニングスコーピオンの塗装が完成しましたー

こんな感じになりましたです
シャイニングスコーピオン 039加工
シャイニングスコーピオン 029加工
シャイニングスコーピオン 021加工

前回の状態から、キャノピー&リアカウルの一部をシルバー→クリアブルー(調色済み)で塗装
デカール貼って、クリアー吹いて完成です
ボディの赤が派手なので、ホイールは抑え目にシルバーに塗装しました

どうやら派手な色に派手な色を重ねて気持ち悪くなるのが怖くて、今回は、赤を黒とシルバーでまとめるかたちにしたのですが、やっぱりもっと派手にしてどうなるかを確かめてみたいなぁと
どれぐらい派手にすると気持ち悪いのか、ってのを一回確かめたいので次回はもっと派手に作ってみようかと思います

今回は思ったより技術的発見と課題を見つられたので次回以降に活かして行きたいと思います
  1. 2009/02/19(木) 16:34:20|
  2.  ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シャイニングスコーピオンのリペイント

さて、少し久しぶりになりますがミニ四駆ネタです
細々と作り続けているんです……ボディばっかりだけどね

で、今は以前に塗装失敗したシャイニングスコーオピオンを現在リペイントしています

この子が
DSC06457のコピー






こうなりました
DSC06983のコピー
なんか禍々しいよ…
まさか白を吹いてリカバリーしてから数ヶ月放置していた怨念が宿ったのか(ぉ
この後、キャノピーとか塗装→デカール→クリア吹きで完成です

赤い部分は、ただの赤では面白くないのでオレンジとの境目を狙って調色
画像だと若干オレンジ気味ですが、実際はもう少し赤っぽいです
黒はメタリックブラックです
あとちゃっかりスーパーXシャーシに換装してます

「黒×赤」だと以前に制作したスピンアックスと被らないかなぁと、少し不安でしたが、赤を調色したのが良かったのか被らずにすみました
DSC06986のコピー
うーん…シャイニングスコーピオンってデカールを配置しにくい気がする
  1. 2009/02/17(火) 23:38:35|
  2.  ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ