可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

ギガブレインのダンクーガ

本日、秋葉原のリバティにて、前々から気になっていたギガブレイン製の「リアルアクションロボ ダンクーガ」を未開封、三千円で見つけたのでゲットしてまいりました

結構前の商品ですが、ざっくりと紹介しようかと思います
ちゃんと調べてみると2003年発売の定価7000円だそうで

数々のバージョンのあるダンクーガですが、この商品は、OVA「GOD BLESS DANCOUGA」の作画参考用に佐野浩敏氏が描かれたイラスト、もしくは本編作画を参考にしていると思われます
ちなみに第三次スパロボαのダンクーガのグラフィックは、これにさらに大張テイストも入っているのでとてもカッコいい(よだれがでる

画像が多いので、続きは「続きを読む」で

ギガブレイン ダンクーガ 021加工
いやぁ、このクレイジーな面構成…大好きですッ!
特に足はベキベキガキガキしてて最高です(なんじゃそりゃ)
信じられるかい?脇はこれ以上しめられないんだぜ?

大きさは大体20センチより少し大きいぐらい
ただウイングが大きく、サイズよりもボリューム感があります
ギガブレイン ダンクーガ 031加工

さて早速、本商品の弱点を上げたいと思います
特に気になる点は2つ

まずは顔
ギガブレイン ダンクーガ 005加工
ちょぼーんってなってます
パッケージの写真では多少マトモに見えるのですが、成型不良でしょうか?ちょぼーんです

その2は股が開かないこと
本商品はフォルムに重点を置いたのか、可動部を配置する場所がイマイチで可動のリズムが悪い=ポーズが決まりにくいんですが、股に関しては問答無用で開かないので、大胆なポーズをつける事ができません
造形が大胆なので、非常に勿体ないなぁと

しかし、ギガブレインもそれは分かっていたようで、本商品は後々顔を新規造形され、股関節を改修、一部を合金化、さらにブラックウイングと合体できる「GIGA合金 ファイナルダンクーガ」として生まれ変わるのでしたー

ならそっちを買えって?高いんだコレガ(涙
なので私は弱点を承知しつつ、リーズナブルなこっちを購入したのです

断空剣
ギガブレイン ダンクーガ 013加工
胴体に対して顔が小さいので、顔がアレなのは意外と目立たなかったり(笑
実際には50センチぐらい離れて見ると、パッとみカッコ良くは見えます

実は断空光牙剣を再現できるピンクに塗られた刀身と、両手持ち用の手首とか付いてるんですが、格好悪いので撮ってません(ぇ
まぁ、ざっくり紹介と言うことでw

ダイガン
ギガブレイン ダンクーガ 036加工
パッケージには「両手で構えることが可能」なんて書いてありますが、できないことはないけど結構無茶な気がします

断空砲フォーメーションも再現できます
ギガブレイン ダンクーガ 039加工

亮の操縦時をイメージして、手刀な手首が付いてきます
ギガブレイン ダンクーガ 041加工

我が家の他のダンクーガトイと並べて
ギガブレイン ダンクーガ 033加工
奥が「超合金魂」版、手前が「群雄【動】」版
OVA作画参考(ギガブレイン版)、OVA設定画参考(超合金魂)、TV版(群雄【動】)とそれぞれ、異なるダンクーガを汲んでいるのが面白いですね
ダンクーガが作り手、ファンそして時代に愛された作品である事が良く分かります

ちなみにギガブレイン版は、群雄【動】版より頭部が小さく、ウイング含めると超合金魂版と同じぐらいの横幅があります…ピーキーだなぁw
スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 01:01:35|
  2.  その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mashimax.blog86.fc2.com/tb.php/280-99e972b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ