可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

【玩具レビュー】スカイファイアー(変形!ヘンケイ!トランスフォーマー)

はい、と言うことで予告通りに変形!ヘンケイ!トランスフォーマーより「スカイファイアー」のレビューです

一年ぐらい前、TFをかじり始めた頃から、欲しかったトイがようやく日本でも発売!
そして手に取ることができて感激であります(涙

タカラトミーより発売、定価3150円(税込み)

さて、玩具の紹介の前に、この「スカイファイアー」と言うキャラクターのトイにおける遍歴を少し話したいと思います

このスカイファイアーと言うキャラクターは、初代TFから登場するのですが、日本でその玩具は発売されませんでした
なぜかと言うと、アメリカにおけるTFの販売元であるハスブロ社が、日本のタカトクの出していた玩具「VF-1S スーパーバルキリー」(フォッカーさんの乗ってるやつ)の色変えをスカイファイアーとしてトランスフォーマーに編入したのでした
そして日本でのバルキリーの版権は、バンダイ(タカトクは潰れた)にあったため販売できなかったのです

その他、玩具のままのデザインでアニメに出すわけにもいかず、デザインが変わっていたり
出番がカットされたり、活躍する話の放送を後回しにされたり(はじめ未放送のつもりが、後で放送することになったため)と、日本においてなかなか不遇なキャラクターだったりします

今回紹介するのは、そんな彼を現在の技術でリメイクしたシリーズ「Transformers Classics」の日本展開である、「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー」の玩具です
上のような遍歴を経ているからこそ、今回紹介するトイのこだわりが引き立つとも言えよう!
と言うことでレビュー開始!

ジェットモード フロント&リア
DSC05968のコピー
DSC05972のコピー

機首がカクカクしてるのは、アニメ版デザインにあわせているため(だよね?)
この時点で「Transformers Classics」との違いは、私が分かっているもので、よりアニメに近いカラーリングと、シークレットエンブレムの削除
あとキャノピーのカラーが若干違うかもしれません
カラーリングは同じようで意外と違ってビックリします

ちなみに、ロボットモードの時に武器になるランチャーは、このモードではニ分割されて手に持ってます
シリーズを通して余剰パーツが出ないようにしてくれているのはナイスです


ミサイルポッドとターボスラスターを装備して、スーパージェットモードへ
DSC05951のコピー
ここらへん、元がバルキリーってのが生きてるなぁと
もちろん装備したままロボットモードへ変形できます

ターボスラスターの後部をスライドさせると…
DSC05959のコピー
押さえられていた、レーザーキャノンがスプリングギミックで飛び出します
DSC05963のコピー

心地よくて、見栄えもするギミックなんですが、スライドパーツでキャノンを押さえつけているだけなので、スプリングが弱らないか少し不安でもあります

ロボットモードへトランスフォーム!


…の前に

ガウォークもどき
DSC05947のコピー
とりあえずやっとかないとねw
しかし、可動範囲的にも変形的にも必要ない部分に脚部を動かせるので、確信犯的でもあります
ちなみにターボスラスターを外すと自立しませんw


では、今度こそロボットモードへトランスフォーム!

まずは、通常のロボットモード
フロント&リア
DSC05935のコピー
DSC05943のコピー
通常のロボットモードではアニメにおけるスカイファイアーのデザインを踏襲しています

変形は比較的簡単で、シリーズの通例で非常にかっちりしており遊びやすいです
関節のクリック間隔や接地の悪さで、ポーズを決めて飾るのには向いていませんが、ガシガシ動かして遊ぶ分には問題無いかなと

フェイスアップ
DSC05936のコピー
目はクリアパーツで集光ギミックが付いてます
スカイファイアーは科学者と言う設定なのですが、眼つきがキリッとしていて強そうですww

ミサイルポッド、ターボスラスター、バトルヘルメットを装備してバトルアップモードへ
DSC05919のコピー
DSC05926のコピー
このモードでは玩具版のデザインを踏襲
ヘルメットによってアニメ版と玩具版の両方を再現するは粋だなぁとw
ミサイルはスプリングギミックで発射できます

ここでの「Transformers Classics」との違いは、ミサイルとカメラアイの色が違うという点
特にカメラアイは青から赤に変更されており、元の彼の玩具はカメラアイが赤かったので、これも非常に空気を読んだ変更であるなぁと
そして、本商品に付いてくる短編マンガでは、バトルヘルメットはスタースクリームがジェットファイヤーを操るための装置になっており、デストロン=レッドアイと言う所にも結びついていてとてもオイシイなぁとw

フェイスアップ
DSC06013のコピー
この状態でもちゃんと中の顔のツインアイが覗いているのは、細かいことなんだけど、非常にグッときますw
しかし、マスクを付けた事で、頭部の前にある胸の青い部分と干渉したり、キャノンを下ろすと干渉したりと、すこし取り回しにくい印象
左右の粒子ビーム砲はそれぞれ、独立して回転させることができます

以降、適当に
DSC06007のコピー
DSC05990のコピー
DSC06009のコピー
DSC05988のコピー

サイズ比較
1/144HGUCガンダムと
ジェットモード
DSC05975のコピー
ロボットモード
DSC05984のコピー

総評
いやー、まずは待った甲斐がありました、と
カッチリした作りで遊びやすく、可動もできる限り入れ、さらに装備変更によるプレイバリューと良質なロボット玩具のお手本だなぁと
これが3000円で手に入るなんて、感動的ですよ!
随所にアニメ版と玩具版両方をリスペクトした拘りも覗き見ることもでき、ファンアイテムとしても魅力的ではないでしょうか?
この調子でタカラトミーさんには頑張って欲しい、ホントに
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/20(日) 02:01:51|
  2.  トランスフォーマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mashimax.blog86.fc2.com/tb.php/197-eb9accd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ