可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

【玩具レビュー】YF-19&YF-21(リボルテック)

とうとう発売のリボルテックYF-19&YF-21
一日ほど早く入手できたので、早速レビューです
ライバル機と言うことで、今回は変則的にダブルレビューです

登場作品「マクロスプラス」より、YF-19&YF-21
定価1995円、海洋堂より発売

YF-19フロント&リアビュー
DSC05462のコピー

DSC05468のコピー


ヤマグチさんらしく、若干マッシヴなYF-19
可動は、今までのリボルテックのバルキリー系に比べると、首の可動などが普通なので少しマイルドで扱いやすいかなぁと
ただ腰と太腿の接続部は相変わらずヤマグチ可動なので、横に素直に開けないのと、股を閉じることができないので、扱いにくい感じ
どのリボでもそうだけど、気をつけができないって事は、やっぱりポージングが基本なんだなぁ
あと、太腿と腰リアアーマーが干渉して、いつもより腰を突き出せない気がするんだよなぁ(笑)
無駄に股間を主張するのがヤマグチ可動だろうに(笑)

太腿のウイングはリボ球で接続されているので、可動します

YF-21フロント&リアビュー
DSC05473のコピー

DSC05479のコピー


YF-19と比べて、こちらは割と普段のバルキリーに近い可動構成(首、胸、腰あたりが)
腕、太腿のウイングはリボ球で接続されているので、可動します
太腿のウイングはデカてカッコイイんだけど、背中と干渉して若干遊びにくいけど、許容範囲かな
コイツも腰、太腿のヤマグチ可動で気をつけできないんですが、元が曲線的なのであまり気にならないような(笑)

二体とも手首は、握り拳、平手、武器持ち手それぞれを両手分、計6個付属します
武器持ち手首は、二体とも接続部がナナメカットなので、結構クセがあります
腕と武器を真っ直ぐに構えられないのは、あまり好きじゃないんだよなぁ…

付属品紹介
YF-19 ガンポッド&シールド
DSC05493のコピー

シールドはリボ球で接続するので可動します
接続は腕の穴にリボ球を挿すんですが、群雄【動】のYF-19のように激しくデザインを損なっているわけではないので取り外しも可です(まぁそれが普通だよね)

YF-21
ガンポッド
DSC05503のコピー

ガンポッドはYF-19のものより少し厚みがあるので、ナナメカットとあわせて少し取り回しにくいかなぁ

ファストパック
DSC05518のコピー

YF-19は足と肩、YF-21は腕と太腿のウイングに装備します
商品についての話ではないのですが、取り付け位置と、変化の付け方(YF-19はシルエット、YF-21はカラー)がそれぞれ違うと言うところまで、デザイン的にちゃんと対比していて面白いなぁと
……と、思ったんですが、YF-19のファストパックって本当はグレーじゃまいか!!

ピンポイントバリア
DSC05517のコピー

上段がYF-19
下段がYF-21
YF-19の手が大きい分、ピンポイントバリアパンチも大きいです
ただ、塗装はYF-21の方がパールがかっていて綺麗です
バリアパンチは握り拳についている穴に、バリアの方はシールド、腕ウイングに開いている穴に挿して付けます
こう言う小道具が付いてると、ついついライバルを揃えたくなりますよね(私もそれでYF-21を買ってしまったw)

もちろんいつものスタンドも付属
DSC05547のコピー

首を上に向けられるYF-19の方が空中ポーズは得意だと思います

大きさ比較
1/144HGUCガンダムと
DSC05483のコピー


群雄【動】YF-19と
DSC05488のコピー

一回りどころか、二回りぐらいリボルテックのが小さいです
色も全然違いますね

適当にポーズ
DSC05548のコピー

DSC05497のコピー

DSC05531のコピー

DSC05541のコピー

DSC05532のコピー

DSC05553のコピー

DSC05511のコピー

DSC05510のコピー


総括
なんと言うか…リボルテックはもはや、ほぼ「型」が決まってきているので、だんだんとツッコむところが無くなって来てるんですよね(笑)
取り回しにくく感じた、武器持ち手首のナナメカットと腰、太腿のヤマグチ可動も、改善はできるんだろうけど、それをやってしまうと、ただただ優等生的な可動になってしまって、ヤマグチ可動の持つ、ある意味反骨的な「味」が殺がれてしまう気もするんだよね
機能としての向上と言うより、もはや好き嫌いって領域なのかなって思うんですよ
まぁ、YF-19のファストパックの色が問題だよなぁ……まぁプレイバリューは申し分なく、アレンジが嫌いでなければ、いつものリボ同様、十二分に買う価値はあると思います

群雄【動】との比較
確かにリボにはできなくて、群雄【動】にできる事はあるんです(真っ直ぐ立つとかねw)
でも、こと「遊べる」と言うことに対しては圧倒的にリボルテックが勝っています
私の場合、満足感はリボル7、群雄3で、やはりリボルテックの方を推します
コンセプトが違うので、一概に比較すべきでは無いのは分かってるんですが、群雄【動】のYF-19は自らのコンセプト自体もあまり強く発揮できてなかった気がします(パンチが足りないと言うか…)
スタートで少しコケた気がしますが、住み分けはできそうなので、ラインナップの重ならない次回以降は群雄【動】にも生き残る道が十分あると思います

あと今回も、実際はカッコイイけど写真栄えがしなくて、何枚もボツに…
リボルテックの良さは二つの目で実際に見なければ分からないヨ、と
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/15(日) 06:34:50|
  2.  リボルテック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mashimax.blog86.fc2.com/tb.php/187-180a67d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ