可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

シンフォギアG 立花響ガレージキット組み立てガイド 【その4 腕部編】

お待たせしております、シンフォギアG立花響のガレージキット組み立て解説でございます。
サクサク更新とか言いつつ、実家からの独立のために物件を探していたら、あっという間に1週間…もうしわけないです(結局、独立は保留になったし…)

さて、今回は腕部の組み立てを解説して行きたいと思います!

前回以前の記事はは↓のリンクから参照して下さい!
シンフォギアG 立花響ガレージキット組み立てガイド 【その1】
シンフォギアG 立花響ガレージキット組み立てガイド 【その2 脚部編】
シンフォギアG 立花響ガレージキット組み立てガイド 【その3 背部ユニット&スカート編】

それでは本文はこちらからどうぞ→
それでは、ビッキーの腕部の組み立ての解説をしていきたいと思います。
まずは腕部のパーツはこんな感じです。
DSC00608up.jpg
二の腕と前腕パーツは左右が正しくないと取り付けられないと思うので、迷う事は無いと思います。

前腕に付くギアには例の如く、ビッキーの左側になるパーツには↓の画像のように「L」字のモールドを入れてあるので、探して下さい。
DSC00611up.jpg

この流れで、まずは左腕の組み立てを説明して行きたいと思います。

まず、胴体と左二の腕パーツとの接続は、原型時に接続に使用していた穴が分かるように残してあるので、それをガイドに軸打ちをしてください。
【その2】で解説した、一度2mmで穴を掘った後、3mmで穴を広げる方法を使って良い位置で固定し、それでもパーツ同士の合いが悪い場合は、パーツを削ったり、パテ(シアノン)等で形を整えてあげてください。
DSC00615up.jpg

二の腕と前腕パーツは、そのまま塗装後に接着でも良いかと思いますが、心配な場合は軸を打って下さい。
ここはガイドにできる穴がないので、こんな時の僕のやり方を紹介したいと思います。
まずは↓の画像のように、パーツ同士を組み合わせて、接合部分の中心を通るようにドリルで穴をあけます。(画像では1mmのドリルを使ってます。)
DSC00620up.jpg
掘り過ぎちゃって前腕側に貫通しないように注意して下さい。

もちろん二の腕側には外から見えるように穴が開いてしまっているので、穴を空けた側から、レジン棒(キットに入っているゲートなど)に瞬間接着剤を付け、穴に1~2mmぐらい差し込んで固定、穴を埋めます。
DSC00623up.jpg

後は、レジン棒を切って形を整えてあげればOKです。
DSC00628up.jpg
もし、レジン棒を入れたけど穴に隙間が空いてしまった、って場合にはシアノン等で埋めてあげれば良いと思います。
ちょっと手間がかかるような感じに見えますが、軸自体は真っ直ぐに打てるので、僕は「軸が上手くうてない…うーん…」ってなるよりはストレスが少ないかなーとw
気泡をドリルで広げて、レジン棒で埋めたりとかいろいろ使えるテクニックです。

さて、ギアの取り付けなのですが…
左アーム
画像の赤○の付いてる部分がちょっと引っかかるので、そこを参考に取り付けて下さい。
すみません、ここは本当にアバウトで申し訳ないです…(汗
むしろ、「原型師はこういってるけど、私はこの角度で固定した方がもっとカッコイイと思う」という姿勢で挑んでいただけると良いかと思います(滝汗

ギアの裏側のパーツは、一応原型の軸が残してありますが打ち直した方が良いと思います。
DSC00641up.jpg

組み上げる際には、ギアの裏側のパーツを前腕に付けてから、前腕と二の腕を接続して下さい。
DSC00639up.jpg
ギアの上に付くパーツはそのままスポッと付けてあげて下さい。
と、これで左腕完成でございます!

右腕側も基本的に左腕側と同じですが、胴体と二の腕パーツの軸が斜めでそのままだと打ちにくいので、左腕の二の腕と前腕の軸打ちに使った貫通する方法を僕は使いました。

右二の腕パーツの裏に、原型時に使っていた穴があります(↓画像のグレーの部分)ので、まずはそこを2mmのドリルで貫通します。
DSC00643up.jpg
そしてパーツ同士を組み合わせ、今度は逆側からドリルを入れて本体側まで穴を貫通させて…
DSC00647up.jpg
レジン棒で埋めます!
DSC00652up.jpg
レジン棒をあまり深く埋めてしまうと、穴を開けた意味がなくなってしまうので、注意して下さい。

そしてもう一つ、右腕のギアの取り付け位置なんですが、まずはギア裏のパーツを前腕に付けて、それに合う用にギアを付けていただけると良いかと思います。
参考までに、僕は↓の画像角度で付けました。
DSC00657up.jpg
DSC00660p.jpg
全てのパーツを組み上げて全体像を掴んでから、このパーツの取り付け角度を決めるとカッコよくできるかなーと。

DSC00664up.jpg
両腕を取り付けるとこんな感じです!

と言う事で、シンフォギアG立花響ガレージキット組み立てガイド、その4腕部編でした!
今回は、非常にアバウトな部分が出てきてしまって申し訳ないなーと(汗
次回以降のキットではできるだけこういう部分は無いようにして行きたいなと反省しております…。
次回が頭部編、そしてその次の首まわり(マフラー)編のあと二回で完成させられかなーと思っていますので、もうしばしのお付き合いをお願いします!

ご質問等有りましたら、このブログのコメント欄、僕のツイッター、メールアドレスなどにお願いします!
ではでは。

シンフォギアG 立花響ガレージキット組み立てガイド 【その5 頭部編】
スポンサーサイト

テーマ:美少女フィギュア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/05(水) 02:29:26|
  2.  立花響 ガレージキット組み立てガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mashimax.blog86.fc2.com/tb.php/1758-9b980226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ