可視化実験と少女の夢

立体造形、イラストなど。

【玩具レビュー】グレンラガン(リボルテック)

はい、と言うことで先日発売されたリボルテック「グレンラガン」のレビューでございます
海洋堂、オーガニックより、定価1995円で発売

※私はグレンラガンのアニメを殆ど見ていないので、レビューのポージングは、劇中を踏まえたものではありません
「グレンラガンの動きはかくあるべきだ!」と言う自論をお持ちの方は注意してください

上の注意を了解された方は続きを読む、で

まずはフロント&リアビュー
DSC04715のコピー

DSC04722のコピー


プロポーション
プロポーションに関しては、グレンラガンとしては特にこだわりは無いのですが、流石普通にロボとして格好良くまとまっていると思います
ポージング含めなかなか写真栄えしないので実際はもっとカッコイイと思って良いかなぁと

可動
プロポーション的に近い、ダンガイオーを発展させた感じです
首は二重リボ球、手首、フロント&サイドの腰アーマーにもリボ球が仕込まれています
今回の可動でのポイントは、足の裏にあるギミックでしょうかね
膝を曲げると、普通はフトモモの裏がふくらはぎにあたってしまい可動限界となるわけですが、グレンラガンでは、そのぶつかってしまう部分が引っ込むようになっており可動範囲が広くなっています
後ろからの見栄えを気にするとアレですが、リボルの商品としての方向性から言ってコレで良いと私は思います
ちなみに引っこ抜いちゃえば、またほんの少しだけ可動範囲がアップします(笑

手首関節が斜めカットなのと、フトモモと腰の接続可動が少し取り回しにくいかなぁと感じましたが、許容範囲だと思います

付属品紹介
指し指(右手首のみ)&熱血ヘッド
DSC04739のコピー

今回はこの熱血ヘッドが凄く利いて、非常に豊かな表情を見せてくれますw
そして、毎度お馴染みの指し指
私は好きなので付いてくれていると嬉しいんですが、劇中でグレンラガンって指差しするんですかね?

武器持ち手(左右の手首とも付属)&武器用サングラス&サングラス無しの胸部
DSC04759のコピー

腰部パーツは差し替えで、サングラスの有り無しを再現
今回唯一の手持ち武器のサングラスは、弧を描いているので、普通の剣とはまた一味違うポージングになりますね

平手(左手首のみ)
DSC04769のコピー


コアドリル
DSC04789のコピー

アニメでのキーアイテム、コアドリルが原寸大で付属しています

そして、コアドリルは基部を外してグレンラガンに装着することができます
DSC04808のコピー

接続穴はリボ球と同じサイズなので、もちろん他のリボルテックにも装備できます

スタンド
DSC04802のコピー

スタンドもいつもと同じ仕様、接続部は股の間にあります
そして思いっきり、グラサン胸部に変えるの忘れてますねw

サイズ比較
DSC04815のコピー

1/144HGUCガンダムと

以後、適当にポーズ
DSC04792のコピー

DSC04811のコピー

DSC04782のコピー

DSC04709のコピー

DSC04773のコピー

DSC04777のコピー


総括
リボルテックヤマグチも今回のグレンラガンでNo.50を数えるようになりました
初見に「コレは売れる!」とは思いましたが、コレだけのシリーズになるとは思ってもいませんでした(笑)
流石今までのノウハウも溜まってきて、隅々まできちんと総じてレベルアップしているのは大変すばらしいと思います
分かりやすく言うと、確実に目立つ欠点が無くなって来ているなぁと

この商品についてですが最初に上げた、手首とフトモモの可動が少し取り回しにくいだけで、他は素晴らしく、グレンラガンを知らなくても間違いなくオススメできる一体です!(可動の取り回しにくさも、ヤマグチ可動の味と表裏一体な部分があるので、ただ普通にすれば良いかと言うと、そうとも言えませんしね)
特に熱血ヘッドが良いです、思わず感情移入してしまいます(笑)
ロディマスとスタスクの表情が個人的に「アレ?」って感じだったので、今回はちゃんとハマってくれて良かったなぁw
久々に私の中でヒットなリボルでした!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/17(土) 02:05:53|
  2.  リボルテック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mashimax.blog86.fc2.com/tb.php/171-22590ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ